一日一善

アクセスカウンタ

zoom RSS 訪問歯科診療と8020運動の接点。

  作成日時 : 2014/01/01 03:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

8020運動とは日本歯科医師会と厚生労働省が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」というQOLを高める活動です。この目標を達成するには日々の自宅でのデンタルケアが非常に重要です。しかも大人になってからというよりも小さい頃からの意識が重要です。

また歯磨きだけでは歯を長期間に渡って守ることは至難の業です。その対策として予防歯科があり、歯科医師による定期的なチェックによる様々病気の早期発見、早期治療が重要です。

8020運動の推進の一環としても訪問歯科診療は重要な役割を担っています。基本的には歯科へ治療に行くには入院ではなく、通院となります。しかし高齢の方だけではなく、病気や怪我などでも外出が困難な場合、通院で歯科治療を受けることは容易ではない場合が多々あります。そのため、極端に虫歯が悪化してしまった場合に痛みに耐えかねて仕方なく通院というのは好ましくありません。尼崎市 歯科では自宅だけではなく入所施設や病院等へ治療器具を持参
しているそうなのでぜひ相談してみてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

訪問歯科診療と8020運動の接点。 一日一善/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる